バイアグラの開発と歴史

世界的な大手製薬会社であるファイザーにより製造・販売しているバイアグラは1998年にこの世に発表されました。
当初からTVや雑誌などで大々的に宣伝され、その効果から口コミでの評判も広がり、バイアグラは現在までに世界中の多くの男性や女性の性生活を革新的に変化させたEDの治療薬です。
このバイアグラは当初はED治療薬としてではなく狭心症の治療薬として開発がすすめられていたのですが、その開発中に、この薬を服用すると、副作用でペニスが勃起することが発見され、そこから勃起不全を治療する薬として開発するように方向転換されました。
バイアグラの開発はファイザー・サンドイッチ研究開発という名前のイギリスのある研究機関で行われていました。
この研究所ではシルデナフィルと呼ばれるバイアグラの主成分である化学物質についての研究がおこなれていました。
狭心症の治療薬としての研究段階では何度臨床実験を行っても狭心症の治療という期待する効果を得る事はできませんでした。
しかし当初の目的とは違うペニスの勃起という副作用については非常に効果的であったため、このシルデナフィルが勃起治療薬としての効果を持つことが偶然ではあるものの発見されたのです。
このようにバイアグラは当初は勃起治療薬ではなく狭心症を治すための薬として開発されたという面白い歴史を持っています。
その後正式に勃起治療薬として研究がされるようになり、特許申請については1996年に認められ、FDA(アメリカ食品医薬品局)にも1998年に認可されるようになりました。
勃起治療薬として世界で初めて認可を受けたバイアグラはその後ファイザー製薬によって世界中に広められ、現在では勃起治療薬の代名詞としてその存在が世界中で認められるようになりました。

■ED治療薬をお探しならこちらのサイト
カマグラゴールド

■病院で買うより低価格!と話題です
薬は通販がおすすめ

ページトップへ