バイアグラの偽物には注意が必要

バイアグラを服用して健康を害したり、重大な副作用に悩まされたりする方は、偽物を服用しているかもしれません。
バイアグラは医師の処方薬のため、医師が服用を避けるべきだと判断すれば処方してくれません。
それ以外のED治療薬、精神安定剤などを勧められることもあります。
日本の医療機関で処方を受ける分には、偽物に遭遇するリスクはゼロです。
正規ルートから入手していますので、価格は高いですが100%本物です。

バイアグラは一般の店舗では販売していません。
ドラッグストアに行けば精力剤は見かけますが、ED治療薬は販売していません。
それらしい商品はありますが、よく見ると健康食品、医薬部外品などと記載されているでしょう。
医師の処方が必須であるため、薬の専門家である薬剤師も取り扱うことはできないのです。

唯一、医療機関以外で購入する方法は個人輸入であり、専用の通販サイトを介することで海外から自宅まで取り寄せることができます。
個人輸入のメリットは医師の処方が不要なことですが、これはデメリットでもあります。
偽物のバイアグラも販売されており、目視や写真で本物かどうか見極めるのは困難です。
プロでも見間違えるほど似ているため、本物・偽物を確実に見分ける方法は専門機関での検査以外にはありません。

偽物を購入してしまうルートは、現在において個人輸入だけです。
医療機関で処方を受ける場合は安全です。
個人輸入の醍醐味は、格安のインド製ジェネリックを購入できることですが、危険なサイトが多いことを認識しておきましょう。
安全なサイトを見極めて購入し、効果を自分の身体で確かめてみることです。
正規バイアグラと同様の効果が現れたら、次回以降も同じサイトから購入しましょう。

ページトップへ