処方されているバイアグラの安全なのか?

100%安全なバイアグラがあるとすれば、医療機関で処方されるものでしょう。
保険治療の適用外となるので高額ですが、偽造品のリスクはゼロです。
ED治療の専門クリニックは、検査なしにバイアグラを処方することはしません。
問診を中心とした検査をして、その上で最適と思われるED治療薬を処方してくれるのです。
バイアグラを処方される方もいますし、別の薬を処方される方もいます。
症状や体質、持病なども考慮するため、希望通りの薬を処方してくれるとは限りません。

用量は50mgを処方されることが多いです。
25mgもありますが、ED治療薬全般は最大用量の薬を処方されるのが普通です。
50mgだとピルカッターで分割して、25mgとして使用することも可能なのです。
バイアグラは指示された用量よりも増やすのはいけませんが、減らすことで副作用が強くなることはありません。
少量で十分な効果を期待できる場合は、25mgの服用でも問題ないでしょう。
用量を減らすことは副作用を弱くすることなので、結果として身体にも優しいのです。

個人輸入のバイアグラに関しては、偽物が含まれているので注意が必要です。
日本では販売していない薬であり、クリニックに持ち込んで本物かどうか聞いても、回答してくれるケースは非常に少ないです。
本物と区別がつかないほど似ている偽薬もあり、医師も判断が難しいのです。
含有成分もわからない状態では、医師が服用を許可することもできません。
クリニックで処方できないジェネリックも同様に、医師のアドバイスを受けようとしても回答は得られないでしょう。
バイアグラは特許期間が切れて、現在はクリニックでも入手できます。
医療機関で販売しているジェネリックに関しては100%安全です。

ページトップへ